組合概要

「名古屋婦人子供服工業組合」からのメッセージ

「ファッションは、それを着ている人間の物語を伝える言葉であり、言葉の要らないコミュニケーションの手段だ」と唱える人がいます。ファッションビジネスは今や、生活者が求める心の豊かさにどう向き合ってゆくかが問われる時代となりました。これに対応するには、良いものを作り、売る努力を惜しまないこと、さらにその良さを伝えなければなりません。また、市場の変化、事業環境にいかに対応するかが鍵を握ります。名古屋婦人子供服工業組合では、四つの委員会を設け、委員会による目的事業の検討、及び委員会を中心とした各種セミナー、講演会の開催により組合員の情報の共有化を図り、さらなる業界の向上、発展に寄与して参りたいと考えています。

名古屋婦人子供服工業組合とは、愛知県内で婦人子供服の製造、販売を営む企業の振興、支援を目的とし、アパレル企業のなお一層の向上、発展を図るために組織された組合です。

 

「名古屋婦人子供服工業組合」の事業概要

1.目 的  婦人子供服製造、企画、販売における改善、発展を図る為 の必要な事業を行うことを目的に組織された組合
2.地 区  愛知県内全域を区域とした事業者
3.資 格  区域内において、婦人子供既製服の生産の事業を行うもの
4.組合員  組合員51社 賛助会員35社(平成31年1月末現在)

5.事 業
(1)会員企業の生産に関する指導及び教育
(2)会員企業の生産に関する情報又は資料の収集及び提供
(3)会員企業の生産に関する調査研究
(4)取引慣行改善と取引適正化及び物流業務の効率化の推進
(5)会員企業のPL保険(生産物賠償責任保険)への加入斡旋
(6)会員企業の製品に対して、家庭用品品質表示法に基づき繊維製品品質表示者IDコード登録制度を管理、運営し、会員企業の製造、販売する製品の品質と安全性に対する消費者の安定的かつ 継続的な信頼獲得の支援
(7)会員企業に所属しているパタンナーに対する国家技能検定資格取得試験における委託事業の実施
(8)会員企業の販売促進事業、人材育成事業のための講演会講習会、見学会等の実施
(9)諸官庁、全国関連組合との連携及び意見交換、情報交換
(10)その他

6.組 織  組合運営は、代表理事・副理事長・理事・監事で構成しその基に四つの委員会を設け、委員会による目的事業の検討及び具体的な取組の推進を図る

 

「名古屋婦人子供服工業組合」の概要

名 称 名古屋婦人子供服工業組合
設 立 1959年12月22日
理事長 辻村 隆幸(クロスプラス株式会社 取締役副会長)
組合員数 51社(平成31年1月末現在)
所在地 〒460-0003 名古屋市中区錦1丁目8番18号 錦ハーモニービル4F
連絡先 Tel: 052-203-0201 / Fax: 052-203-0202
E-mail nagoya-fk@gol.com

 

委員会の組織図

soshikizu